なりたい目元になれる

男性医師

ぱっちり瞳に変わろう

ぱっちりとおおきな目や、黒目の見える部分が多いとそれだけで華やかかつ魅力的な顔に見えるものです。もともと一重が多い日本では、こうした大きく開いた瞳やはっきりとしたラインがついた二重に憧れる人がおおいのも当然といえるでしょう。今ではシールやテープを使って一時的に二重にする方法や、寝る時に瞼に癖付けをして自然な二重に変える商品なども販売されています。しかしこれらは皮膚が柔らかい人でなければ癖がつかないことや、二重幅が広くとれないといったデメリットもあるのです。半永久的に二重になりたいと思うならやはり二重整形が最も良い方法ではないでしょうか。美容外科で行われる二重整形は埋没法、切開法、この2つに分けることができます。埋没法はまぶたに医療用糸を縫い込み、二重線をつくる方法で、時間もかからず瞼への負担も非常に少ないのが特徴です。瞼への負担が少ないということは腫れたり赤くなったりしにくいとも言い換えられるため、周囲に知られにいくとも言えるでしょう。一方の切開法は、メスで瞼の皮膚を切り開いて二重線を作る二重整形です。瞼への負担はやや大きくなりますが、くっきりとしたラインづけができうるため、大きく印象を変えたい時にぴったりです。「瞳が大きいほうがカワイイ」「目がぱっちりしていると素敵」と感じる人が多くいますが、コレには理由があります。瞳が大きく見えると幼い印象を与えたり、明るく素直な印象を感じさせたりする傾向があるのです。一重の場合、目が細く瞳が見えづらいこともあり、相手を睨んでいるように見えてしまったり、目の動きが分かりづらく感情を伝えにくかったりするという部分もあります。もちろんシュッとした切れ長の目はクールで知的な印象を与えるという良さもありますが、人から良い印象を持ってもらいたいという人にとっては二重の方が良いと思えるかもしれません。そんな願いを叶えてくれるのが二重整形です。整形なので一時的ではなくずっと二重でいられるという良さもありますが、何より良い部分は自分の望みにあったラインを手に入れられるという点でしょう。二重のラインや形の種類はさまざまあり、一見すると二重のように見える奥二重や、目尻にかけて二重ラインが出てくる末広型などもあります。また、まぶたと沿うように二重ラインが出ている平行型は、欧米人に多く、瞳がより大きく見えるという特徴があるのです。日本人の瞳の形には末広型が合うといわれており、これまで一重だった人が自然な二重を手に入れたいと思うならこのラインを目指すのが良いでしょう。二重整形は自分の目の形や希望に合わせてラインを手に入れられるという良さが、人気の理由なのかもしれません。